BLOG酒屋のヒトリゴト

BLOG

10

大阪・平野区にオープンした牡蠣小屋『サケストア』2023年注目の新スポット

牡蠣について

牡蠣愛好家必見!大阪・平野区に2023年オープンした牡蠣小屋『サケストア』をご紹介
牡蠣の新たな味わいを楽しむこと(店内飲食、販売)ができる注目のスポットです
サケストアは買う、飲む、食べるをコンセプトにした体験型の酒屋です。

酒屋で牡蠣小屋?と不思議に思われるかもしれませんが、毎週土曜日に北海道産釧路町 仙鳳趾産を入荷販売しています。元々は店内飲食用に入荷していましたがお客様から購入したい要望があり販売を開始しています。

牡蠣小屋『サケストア』の特徴

『サケストア』のコンセプトや特徴

サケストアは買う、飲む、食べるをコンセプトにした体験型の酒屋です。
店内で飲食ができ、気に入ったら購入できるをコンセプトに運営しています。
販売する素材にはこだわっており、店長自らが取引先に訪問し商品チェックをしてから販売をしています。

販売の牡蠣は北海道 厚岸産と同等の人気がある仙鳳趾産

入荷している牡蠣の種類は北海道釧路町 仙鳳趾産を入荷しています。
北海道で有名なのは厚岸産ですがサケストアが入荷している牡蠣は飲食専門の人たちからは厚岸産と同等の評価を受けている仙鳳趾産です。

実際にYahoo!でも販売しておりお客様の口コミ評価(4.60)は非常に高くリピータ率も高いです。

入荷した牡蠣を小分けで販売しているのも人気の秘訣です。
なんと3個以上から購入できます。最低数量の3個だと990円(税込)。以降1個+300円(税込)で販売しています。
店内でも450円(税込)で試食できます。

『生で食べれる牡蠣のおすすめメニュー』

販売している北海道 仙鳳趾産の牡蠣は生食で食べることができます
生で食べると当たるから怖いと思われる人もおおいですが、北海道 仙鳳趾産の牡蠣はあたりません
牡蠣であたる要因は「ノロウイルス」が圧倒的に多く、牡蠣などの二枚貝は餌のプランクトンを食べる際に海水を大量に吸引します。その際に海水中のウイルスを同時に取り込んでしまい、取り込んだウイルスが内蔵に蓄積されることによって、食べた際にノロウイルスを起因とした食中毒になる可能性が高まります。牡蠣自体はもともとウイルスを持っているということではなく「牡蠣が生息している海域の水質が綺麗かどうか」ということが大事な要素になってきます。

牡蠣メニュー執筆中

Yahoo!とAmazon、公式LINEで販売しております
販売価格は送料無料(沖縄県、離島につきましては+2,000円)で
5kg 7,000円
10kg 12,000円
15kg 15,000円

5kgで30個~50個の殻つき牡蠣が入っています、おおよそ3~4人前

『サケストア』の場所とアクセス

サケストアは大阪市平野区出戸駅徒歩3分の場所にあります。

ストア名 #サケストア
住所 〒547-0015 大阪府大阪市平野区長吉長原西1丁目3−30辰野ハイツ1F
地図
お問合せ

お店に来れない方にはLINEでも販売しております。
北海道からの直送になりますのでお酒の同梱などは対応しておりません。

サケストアの営業時間

2024年 7月
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
軒先パン販売
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
1周年イベント

定休日



営業時間11時~19時(食事12時~)

まとめ

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP